VECafe

vol.106

更新日:2019/08/30

掲載商品などは更新日時点の情報掲載となります。

【EV・PHV】電気自動車のメンテナンス項目……ガソリン車との違いは?

【EV・PHV】電気自動車のメンテナンス項目……ガソリン車との違いは?

最近、メディアでも大きな話題として取り上げられている「電気自動車」は、新たな時代を担うモビリティとして注目を集めています。ガソリンや軽油などの化石燃料を使った自動車とは異なり、電気の力だけで走るモーターを搭載した新たな時代の象徴は、確実に私たちの生活に浸透し始めているのです。今回は電気自動車にフォーカスを当て、その魅力について考えみましょう。

HV、PHV、EVの違いを知ることが大切!

HV、PHV、EVの違いを知ることが大切!

エコカーと呼ばれるクルマは大きく分けて「HV」、「PHV」、「EV」の3つに分けられています。HVはハイブリッドの略でメインの動力をガソリンエンジンとし、そのサポートに電気式のモーターを使うものを指します。

PHVはプラグインハイブリッドの略となり、HVと同様にエンジンと電気モーターを搭載していますが、基本的な動力源は電気モーターとなりエンジンはそのサポート役。また、PHVは自宅や専用の充電設備で電気を充電することができ、充電した電気を自宅や屋外で使用できる「蓄電池」としての機能を持っているのが大きな特徴です。

EVはサポート用のエンジンを持たず、充電されたバッテリーでモーターを駆動する電気自動車のこと。排気ガスや汚染物質を放出することもなく、自然に優しくクリーンな乗り物として期待されています。

現段階では通常のガソリンエンジンと変わらぬ利便性を持ち、燃費の良いHVモデルがエコカーの中では最も普及していますが、今後はPHVやEVの需要が大きくなることが予想されています。

排気ガスを出さない電気自動車が普及しない理由

排気ガスを出さない電気自動車が普及しない理由

地球温暖化やPM2.5など、地球の環境を守るためにもEVの普及が求められています。全ての車がEVになれば、クリーンな世界になることは間違いありません。しかし、EVの進化は「バッテリーの進化」と呼ばれるように、現在のバッテリーではガソリンエンジンと同等の利便性を発揮することは難しいのです。ガソリンの給油時間に比べて充電に時間が必要になることや、充電施設などのインフラが整備されていないこと、1回の充電での走行距離短いこと、バッテリーの価格が高いことなど、まだまだ課題は多いようです。

それでも日進月歩の勢いでバッテリーは進化を続け、現在ではガソリンエンジンと同等の走行距離を持つEV車も登場しはじめました。今後はバッテリーの性能アップとコンパクト化、量産することでのコストダウンが求められ、各自動車メーカーやバッテリメーカーは熾烈な開発争いを続けています。数年先には大きなマーケットになることは間違いありません。

EVモデルとはいえ、通常のメンテナンスは自分でもできる!

EVモデルとはいえ、通常のメンテナンスは自分でもできる!

電気自動車=EVは特別なクルマ……と思っている人も多いようですが、エアコンのフィルターやワイパーブレードの交換、タイヤの空気圧調整、クーラント交換・補充、洗車やワックス、ウインドウのコーティングなど基本的なメンテナンスは自分で行うことができます。

既存のガソリンエンジン車と違うのは、エンジンオイルやミッションオイルの交換が必要ないこと。もちろん、マフラーがないのでマフラーバンドや触媒の交換も必要ありません。

ただし、注意して欲しいのは電装系のメンテナンス。EVには出力の高いバッテリーが使われているので、感電事故を防ぐためにも電装系のメンテナンスはディーラーや専門の修理工場に依頼しましょう。バッテリーの交換やメンテナンスも自分では行うことはできません。HV、PHV、EVなどをメンテナンスするには特別な整備技術と知識が必要になるので、一般的なユーザーが手を出すことはできないからです。

最後にHV、PHV、EVモデルで交通事故を起こした場合、安全性を考慮して高電圧のバッテリーを遮断する回路が付いていますが、万が一の感電を防止するためにも車両には触れないこと。メインスイッチをオフにすることもお忘れなく。警察や消防に通報する場合は、2次被害を避けるためにも事故車両がHV、PHV、EVであることをしっかりと伝えてください。

AQ. そのまま使えるクーラント補充液 0.5L グリーン

AQ. そのまま使えるクーラント補充液 0.5L グリーン

水で希釈することなく、そのまま使えるストレートタイプ。ラジエターやウォータポンプの劣化を防止するためにも定期的に交換するのがおすすめ。0.5L。カラーはグリーン。

DENSO エアコンフィルター N-0011N

DENSO エアコンフィルター N-0011N

花粉やウイルスをシャットアウト。抗菌・防カビ、脱臭効果を持つエアコン用のエアフィルター。定期的に交換することで冷房効率の低下を防止。交換の目安は約1万キロ!

時代に乗り遅れないように!電気自動車の知識をつけて近い将来に備えよう

時代に乗り遅れないように!電気自動車の知識をつけて近い将来に備えよう

HV、PHV、EVの3種類についてご紹介してきましたが、電気自動車の開発競争はまだ始まったばかりです。一昔前では考えられなかった最新技術がいたるところで目に映る現代では、もしかすると近い将来、電気自動車以外考えられない時代がくるかもしれません。今のうちから知識をつけておき、時代の波に取り残されないようにしましょう。

前のページに戻る


  • メールマガジン登録
  • ネットショップ
  • Tweet
ページトップへ