VECafe

vol.86

 

【平成最後の秋】秋の終わりのアウトドアアクティビティとキャンプ、山道ドライブのポイント

【平成最後の秋】秋の終わりのアウトドアアクティビティとキャンプ、山道ドライブのポイント

猛暑に見舞われた過酷な夏も終わりを告げ、快適な秋が到来しました。青く澄んだ空、紅葉に萌える山々――アウトドアを楽しむには最適なシーズンを迎え、家族とのアウトドアを計画している人も多いはず。そこで、今回は家族との思い出を作るアクティビティやキャンプ情報と共にあると便利な行楽グッズをご紹介いたします!

今や日本はアクティビティ大国!身近な場所で充実のアウトドアをエンジョイ

今や日本はアクティビティ大国!身近な場所で充実のアウトドアをエンジョイ

アウトドアブームが吹き荒れる日本では、ちょっと郊外に出るだけで充実したアクティビティが体験できるようになりました。整備されたキャンプ場やバーベキュー場はもちろん、グランピングと呼ばれるリッチなキャンプ施設、パラグライダーやバンジージャンプなどエキサイティングなアクティビティも各所にあるので、気軽に利用してみましょう。

さらに雄大な山々を満喫するハイキングやトレッキング、渓谷でのケイビングやロッククライミング、静かな湖上へと漕ぎ出すカヌー、管理釣り場でのルアーフィッシングなど自然を満喫できるアウトドア体験も人気です。夏は暑さや台風の影響でできなかったアクティビティを、この過ごしやすい時期に計画してみませんか?

ロケーションの良い人気のキャンプ場は早めに予約を入れておきましょう!

ロケーションの良い人気のキャンプ場は早めに予約を入れておきましょう!

ちょっと遅めの秋キャンプは、涼しくなって虫も少なくなるので、「虫が苦手……」という方にもピッタリです。また、山の幸、海の幸がおいしい秋はバーベキューも大きな楽しみの一つ。しかし、富士山の麓や湖畔など、ロケーションの良いキャンプ場は人気が高く、すぐに予約が埋まってしまう可能性があるので早めに予約しておきましょう。

また、秋キャンプは日が沈むと急激に気温が下がるため、防寒対策をしっかりと行い、テント泊の場合にはシュラフ(寝袋)の快適使用温度にも気を配りましょう。少し厚めのブランケットを用意しておけば、寒さ対策にもなるのでおすすめです。

>> クッション&ブランケット ミッキーマウス

お子さんが小さいファミリーにおすすめ、お手軽な日帰り・DAYキャンプ

まだお子さんが小さいと言うファミリーなら、お手軽な日帰りキャンプで思い出作りを

「キャンプに行きたいけど、まだ子供が小さいから……」という方には、気軽に楽しめるDAYキャンプがおすすめです。日帰りで楽しめるキャンプなら、荷物も少なく手間も掛かりません。雄大な自然の中を走り回るだけでも、子供にとって最高の思い出になるでしょう。最近は、調理器具だけでなく材料も用意してくれるバーベキュー施設も増えているので、そういった施設を活用するのも賢い方法。材料を買い出しに行く手間が省けるので、子供と過ごす時間が有効に使えます。

DAYキャンプを楽しむ場合には、施設が充実したキャンプ場を選びましょう。清潔なトイレや汚れた手足を洗える水道が完備されているかも重要なポイント。ポップアップ式の簡易テントを用意すれば気軽に秘密基地気分が味わえるので、子供たちも大喜びすること間違いナシ。本格的なキャンプを行うためのトレーニングとしてもおすすめです。

キャンプ・アウトドアへのドライブ、運転のポイント

キャンプ・アウトドアへのドライブ、運転のポイント

●車載重量に注意

待ちに待ったキャンプとなれば、自然と荷物が増えてしまうもの。テント、タープ、テーブル、ホールディングチェア、クーラーボックス、BBQセットに遊び道具と、ラゲッジルームは満載状態。そこに家族や友人が乗るとなると、クルマは過積載状態といっても過言ではありません。重量が増えたクルマを運転する場合、通常の状態よりもブレーキの利きが悪くなるので車間距離を十分に取るよう心がけてください。特に高速道路の料金所など、速度を落とす場所で減速しきれずに急ブレーキを踏むことにもなりかねません。

●荷物の積み方に注意

ラゲッジルームに荷物を積む時は重たいものを下に、軽いものを上に積むようにしましょう。安定しない荷物にはネットを掛け、ブレーキ時に崩れないようにしてください。

また、ラゲッジルームに荷物を満載すると後方が見えづらくなるので注意。煽り運転を受ける可能性もあるので後方確認をしっかりと行い、急いでいるクルマがあれば道を譲る心の余裕も必要です。

●パッセンジャーの負担に注意

山道を走る場合、ハンドルを握るドライバーの想像以上にパッセンジャーへの負担が掛かります。急ハンドルや急ブレーキを避け、のんびりと余裕を持った運転をしましょう。特にクルマ酔いする子供を乗せる場合にはアクセルとブレーキを丁寧に操り、優しいドライブを心がけるのが賢明です。

●余裕を持ってドライブする

風の強い橋や山間部の高速道路では、背の高いSUVやミニバンは風の影響を受けやすく、ハンドルを取られやすい傾向にあります。安全な速度を守り、余裕を持って運転することを心がけてください。曲がりくねった山間部では対向車が見えにくいことも多く、見通しの悪いカーブではしっかりと減速し、細い道では譲り合いの精神で楽しいドライブを心がけましょう。

アウトドアの準備、アイテム選びも楽しんで

アウトドアの準備、アイテム選びも楽しんで

アウトドアを快適にする便利アイテムを用意するのも楽しみのひとつ。普段でも使える汎用性とインスタ映えするデザイン性を兼ね備えていれば、より楽しいカーライフが味わえるはず。自分の、家族のお気に入りのアイテムを探してみてください!

・JKM トランクカーゴ 50L コヨーテ

収納としてインテリアでの使用はもちろん、軽量なのでアウトドアなどお出掛け時にも便利。

JKM トランクカーゴ 50L コヨーテ

収納としてインテリアでの使用はもちろん、軽量なのでアウトドアなどお出掛け時にも便利。丈夫なのでスツールとしても使用可能。落ち着きのある色合いが大人の雰囲気。

・JKM フリートートバッグ ホワイト

アウトドアをオシャレに演出する便利なマルチバッグ

JKM フリートートバッグ ホワイト

アウトドアシーンで活躍してくれるビッグサイズのマルチバッグ。レジャーシートと同じポリプロピレン素材を使用しているので水にも強い。サイズはW630×H440×D190㎜と収納力はバッチリ。ステンシル風のプリントがオシャレ♪

・イワタニ 網焼きプレート CB-P-AM3

カセットコンロで楽しむお手軽バーベキュー!

イワタニ 網焼きプレート CB-P-AM3

アウトドアで苦労するのがBBQ用の火起こしですが、ワンタッチで着火できるカセットコンロで使える網焼きプレートなら手軽に楽しめます。中央部からの遠赤輻射熱と水皿からの水蒸気でふっくらと仕上げてくれるのも大きな魅力。片付けも簡単!

大切な家族と過ごす、秋のアウトドアライフを満喫しよう!

大切な家族と過ごす、秋のアウトドアライフを満喫しよう!

楽しみが満載の秋の行楽シーズンは、自分のライフスタイルに合わせて計画することが重要です。都市近郊で充実したアクティビィティを利用するのも、遠出して本格的な自然を楽しむのも良いでしょう。

そこで最も重要なのは行き帰りの安全運転です。せっかくの休日、しっかりと計画を立て、無理のないドライブで家族や子供たちのステキな思い出を作ってあげてくださいね!

前のページに戻る


  • メールマガジン登録
  • ネットショップ
  • Tweet
ページトップへ