LONG LASTING PERFORMANCE

イタリアの名門・ピレリから
ロングライフ低燃費タイヤが登場! 快適性と安全性を高次元で実現

DESIGNED IN ITALY

AUTOBACS.COM 担当者がおすすめする理由

オーCirhoza専売モデル

全サイズが低燃費タイヤ!

JATMA(日本自動車タイヤ協会)の定めるラベリング制度において転がり抵抗性能A、ウェットグリップ性能Cを全サイズで獲得。
エネルギーロスを低減しながらドライ&ウェットの安全性を高めるコンパウンド精製技術“フューエル・セービング・テクノロジー”の採用し、日本国内の「低燃費タイヤ」基準をクリアしました。

とにかくロングライフ

UTQG トレッドウェアが700!※P8 PREMIUMは500

トレッドウェア(Treadwear)とは

アメリカの運輸局が設けた「UTQG」というタイヤ性能を評価する基準のうちのひとつ。
タイヤの摩耗に関する評価項目で、数値が高いほど摩耗しにくいという指標です。※UTQG:Uniform Tire Quality Grading

海外で流通しているタイヤには表記されていることが多いですが、日本では表示義務がなく、馴染みの薄い指標です。
ハイグリップのスポーツ系タイヤで200前後、一般的なもので300前後であることが多く400を超えると優れた耐摩耗性能を持つと言えます。

SIZE LIST

KEY TECHNOLOGY

フットプリント

F1の研究開発での経験を活かし
高度な仮想モデリング(シュミレーション)技術を開発

仮想モデリング段階

モデリングスタート時

プロトタイプ最適化段階

最終製品化段階フットプリント最適化後

偏摩耗を抑制しながら転がり抵抗の改善およびドライブレーキ性能の向上を可能にする
最適化されたフッ トプリントを採用

最適化された内部構造

  • ・新プライコンビネーションの採用で内部構造を最適化
  • ・新PET組成による耐衝撃性の向上
  • ・ノイズ低減最適化技術: 従来製品対比-1 dB
  • ・転がり抵抗の改善: 従来製品対比5%

※従来品:Cinturato P1

新開発コンパウンド

ウェットグリップと転がり抵抗のバランスを高次元で最適化する高機能性ポリマーの採用転がり抵抗を劇的に低減するフルシリカ・コンパウンドの採用

エネルギーロスを低減しながらドライ&ウェットの安全性を高める
コンパウンド精製技術“フューエル・セービング・テクノロジー”の採用

ABOUT PIRELLI

1872年イタリアで創業したピレリは、世界160か国※に拠点を構え、19 ※の工場を有し、
プレステージ・プレミアム市場をリードするタイヤメーカーです。
※2019年時点


ピレリの歴史は先端技術とイノベーションの歴史とも言われ
長年にわたり培われた技術と品質は、
世界の自動車メーカーに評価されており
特にプレステージ・プレミアムセグメントにおける
新車純正装着タイヤの供給数の多さがそれを証明しています。

SIZE LIST

ページトップへ