もう腰痛に悩まない
快適なドライブを

リバースポルト
REVERSPORT RS-1

今すぐ購入する

Made in Japan:日本製

Hand made:手作り

リバースポルトとは?

皆様はじめまして!
EC(オーCirhozaドットコム)担当のアベです!最近長距離を運転すると、腰痛になることが多くなってきました。お客様の中にも、車を運転するときに腰痛に悩む方が多かったことを思い出し、今回は車の運転のおともとなっている腰痛に効く車のシートクッション「リバースポルト」を私がご紹介しますね。

こんな悩みありませんか?

  • 腰痛のことを考えると、正直車を運転したくない
  • 少しでも楽に、快適に車を運転したい
  • 車を運転中、何度も座りなおすなど、姿勢が安定しない
  • 高速のSA・PAで身体を伸ばすと、腰に解放感を覚える
  • 通勤や仕事で車を運転することが多く、腰に不調をきたしている
  • 家族サービスの体力を、車の運転で消耗してしまう

私は車を運転してツーリングに行くのが好きですが、確かに、到着先で身体が疲れていることが多いですね。では、そもそもの腰痛の原因は何でしょうか。

腰痛の原因
それは・・・
姿勢

正しくない姿勢だと、腰へ集中的な負荷がかかってしまい、腰痛の原因となります。正しい姿勢だと、背筋が伸びて真っ直ぐな姿勢となるため、腰の負荷が少なくなります。ただし、この姿勢を維持するためには、背筋を伸ばすことを常に意識し、腹筋や背筋に力を入れなければならないため、維持することは簡単ではありません。

  • 正しくない姿勢

  • 正しい姿勢

座る時以外にも、立っている時の姿勢を正そうと思っていても、いつの間にか猫背に戻ってしまうことがあります。正しい姿勢を維持し続けるのは意識をしていても難しいですよね。では、車を運転する際に、無理せず正しい姿勢を維持するにはどうすればいいのでしょうか。

そこで登場するのが腰痛に効く車のシートクッションリバースポルト

腰痛に悩むドライバーの声を一部ご紹介

なんでこんなに好評なの?

好評な理由 それは・・・❝快適な座り心地❞

”快適な座り心地” を持つ車のシートクッションの
3つのポイントとは?

POINT1

背中を支える❝マッスルユニット❞

デザインでまず目に入るのがこのV字型のデザイン。これは、男性の力強い腹筋をモチーフにしており、この筋肉(マッスル)で車の運転時の着座をサポートします。素材は酒井化学社製のラナフォームを使用しています。

POINT2

圧倒的なホールド感を実現

「面」ではなく「3D」で立体的に身体を支えることで、車の運転時に身体にかかる負荷を分散させ、疲労感を軽減させることができます。また、理想の姿勢を意識せずとも維持することができます。

POINT3

抜群の通気性

中材には、国内製のウレタンを使用。ウレタンを使用することで、シートクッションにほどよい弾力性と通気性を生み出します。表皮にはダブルラッセル立体メッシュ生地を使用。抜群の通気性を持ち、いつでも快適な車の運転を実現します。

これらの3つのポイントにより、
“快適な座り心地”を実現しています!

“快適な座り心地”によって、車の運転時にかかる身体への負担が軽減されているのですね。他にも普通のシートクッションと違うところはあるのでしょうか。

今までシートクッションを使っていて
こんな悩みがありませんでしたか?

  • できることなら消臭スプレーではなく、シートクッションごと洗濯機で丸洗いしたい
  • シートクッションのデザインが健康器具のようで、愛車のインテリアに合わない
  • シートクッションの色が黒しか選べない

これらの悩み

腰痛に効く車のシートクッション
リバースポルトが解消します!

シートクッションごと丸洗いしたい!

シートクッションごと丸洗いできます!

シートクッションの中材にウレタン、表皮にダブルラッセル立体メッシュ生地を採用することにより、シートクッションごと丸洗いできるようになりました。※シートクッションを洗濯ネットに入れ、ドライ(手洗い)コースで洗濯をしてください。
シートクッションのデザインが愛車のインテリアに合わない・・・

今までにない、ワクワクするようなデザイン!

大好きな自分の愛車だからこそ、インテリアを台無しにするようなシートクッションのデザインは避けたい。ワクワクするようなかっこいいマッスルデザインが、愛車のインテリアを更にアップグレードさせます。
シートクッションの色が黒しかない

全5色の豊富なカラーバリエーション!

車のシートクッションの色が黒色ばかりなのは、黒色だと汚れが目立ちにくいのでシートクッションの管理がラクであるのと、ベタな色のため万人受けしやすいという理由があります。リバースポルトは全5色からお選びいただけます。

車の運転時に発症する腰痛に悩んでいた
ドライバーの方にお話を伺いました

「腰痛の悩みが解消、ロングドライブも快適になりました。」

元々腰痛持ちで、腰とシートの隙間を埋めるためのクッションを使っていましたが効果はあまり感じられませんでした。リバースポルトは腰だけでなく身体全体の隙間を埋めてくれるため、腰に負荷をかけずに運転することができています。

東京都 T.Nさん 50歳 車:BMW 4シリーズ

「通勤が驚くほどラクになりました。」

地方に住む私にとっては車での通勤は必須でした。しかし、毎日の通勤が長いせいか、重度ではないものの腰痛に悩むようになりました。リバースポルトを使ってみると、腰にフィット感があって、身体が包み込まれているような感覚があります。姿勢が安定するからか、疲れにくくなりました。

東京都 T.Oさん 39歳 車:トヨタ アクア

では、腰痛に効く車のシートクッション「リバースポルト」はどのように作られているのでしょうか

“国産×ハンドメイド”のこだわり日本国内の工場で1点1点丹精を込めて、ハンドメイド(手作り)で作っています。

“国産”にこだわった車のシートクッション
「お客様に最高のものをお届けしたい」
海外で作ればコスト下げることができますが、どうしても不良品が出てしまいがちです。お客様に最高のものをご提供したいという考えから、国内の工場で作ることを選びました。
“ハンドメイド” にこだわった車のシートクッション
「3Dデザインを実現させたい」
生地の裁断や、平面の縫製は機械で代用できますが、立体(3D)の縫製は機械で代用することができません。3Dデザインを実現させるため、ハンドメイドで1点1点丹精を込めて作っています。

理想に近づけるためにこだわっているのですね。では、そんなリバースポルトは誰が開発したのでしょうか。開発者の方に直接伺いました。

インタビュー杉浦 武史スギウラクラフト取締役

腰痛に効く車のシートクッション「リバースポルト」の開発秘話を教えてください。

杉浦 武史さん(以下、杉浦)元々は、私自身が長年腰痛に悩まされてきたのが事の発端です。自分の腰痛の悩みを解消するために、自社の技術を用いて開発し、リバースポルトが誕生しました。専門家のアドバイスをいただきながら何度もテスト品を作成し、開発期間3年をかけ、ようやく納得のいくものが完成しました。

理想を追い求めた結果、3年という長い期間がかかったのですね。そんなリバースポルト、初めて見た時に私が思ったのは、「これが車のシートクッションなの?」ということでした。車のシート本体かと見間違うほど、洗練されたカッコいいデザインだと思います。デザインはどのようにして決められたのでしょうか。

杉浦デザインは簡単には他社に真似できないレベルだと考えています。一般的な車のシートクッションは、成型のものが多いですが、リバースポルトはフレームを入れて、ハンドメイドによる縫製により、凹凸のデザインを出しています。それにより、美しいラインと凹みを表現しました。また、従来の黒く野暮ったい車のシートクッションのイメージを刷新すべく、車のスポーツシートのようなカッコいいデザインを目指しています。

確かに、今までの車のシートクッションのイメージからはかけ離れていますね。また、”国産×ハンドメイド”にこだわりがあるようですが、なぜそこまでこだわるのでしょうか。

杉浦「国内ではなく海外で生産した方がコストが安いのではないか」「機械化した方が効率が良くなるのではないか」などと言われることがあります。それでも国産とハンドメイドにこだわるのは2つの理由があります。1つ目は、立体的なデザインを実現するためです。実は、縫製というのは、平面(2D)は機械でできますが、立体(3D)は機械ではできないのです。そのため我々がハンドメイドで作っています。2つ目は、お客様へ高品質なものを提供したいためです。コストダウンを図るため海外で安く作れば、会社の利益は増えるでしょう。しかし、コストダウンの代償として、縫製の質が悪化するなど、品質が下がってしまう可能性があります。量ではなく質を重視することで、高品質なものをお客様にお届けできるよう努力しています。

リバースポルトに対する熱い想いを感じました。最後に、どんな人にリバースポルトを使っていただきたいですか。

杉浦腰痛に悩む全ての人ですね。車の運転に関する例を挙げると、通勤や業務で毎日車を運転される人です。地方にお勤めでご自宅が遠い方にとって、車を運転することは避けられないことと思います。また、業務で車を運転される方、例えばタクシードライバーやトラックドライバーは、長時間車を運転する環境にあります。程度は違いますが、どちらも腰に負荷がかかり、腰痛を引き起こす可能性があります。これらの腰痛の対策として、車のシートそのものを変えるという手がありますが、値段も高く、取り外した純正シートの置き場などを考えると簡単にはできません。リバースポルトであれば、シートそのものを変えるよりも値段が安く済み、純正のシートに装着するだけで簡単に腰痛対策を施すことができます。腰痛に悩んでいて、どうにかしたいとお考えの方々に是非とも使っていただきたいです。

杉浦氏のリバースポルトに対する熱い思いを感じることができました。

インタビューの中で、杉浦氏はお客様からの要望を素直に受け止め、それらを製品に反映させることで、お客様が求めるものに近づけていくことが大切であると仰っていました。そのような姿勢が、リバースポルトという腰痛に悩む方々の救世主を生み出したのではないでしょうか。(インタビュー:阿部)

リバースポルトの取り付け方法

注意

  • ・シートの仕様や形状によってはストラップで固定できないものがあります。
  • ・固定が不十分、もしくは固定をしていない場合、滑る、転倒する等のおそれがあります。
  • ・ヘッドレスト一体型のシートや、背面と座面にスキマがないシートには装着できないので、お車のシートをご確認ください。

リバースポルトのポイントを改めてご紹介

  • 1意識しなくても、自然に正しい姿勢を維持できる
  • 2快適な座り心地を実現
  • 3今までにない洗練されたカッコいいデザイン
  • 4“国産×ハンドメイド”のこだわり
  • 5取り付けや掃除が簡単

ここまでご覧いただきありがとうございました。今回リバースポルトをご紹介させていただいた理由は2つあります。私がまだ小さい頃、家族旅行や帰省での車の運転はいつも父がしてくれました。到着先では、父がいつもすぐ横になって疲れ果てていたことを今でも覚えています。現地で私の遊び相手をしてくれた時もありましたが、相当頑張ってくれていたのだろうと今では思います。そんな家族サービスを頑張っている世のお父さん、もしくはお母さんに、少しでも運転が快適になってほしい思ったのが1つ目の理由です。2つ目は、実際にリバースポルトの開発者である杉浦さんとお話をさせていただいた中で、いかに車を運転する方々のことを考え、その運転する方々が求める理想に近づかせるかという姿勢に感銘を受けたためです。腰痛に悩む方に1人でも多くリバースポルトを使っていただき、快適なカーライフを送っていただければ幸いです。

選べる5カラー

各色9,800円(税込)

オーCirhoza限定

“スベランシート”が付いてくる!

リバースポルト専用に開発された滑り止めシート。
革製のシートなど、滑りやすいシートには特に有効です。

2点セットで購入するとおトク!

オーCirhoza限定

通常価格9,800円(税込)

2点セット特別価格

18,600(税込)

運転席&助手席セットで使えば、よりインテリアが引き締まります!

運転席のみ装着

運転席・助手席に装着

  • ・いきなり2つは買いづらいな・・・
  • ・とりあえず1つ買ってみて、良ければもう1つ買おうかな・・・
  • ・あとからもう1つ買うことになったら、最初から2点セットを買うべきだと後悔しそう・・・

そこで悩んでいるアナタに!

1,000円分の
ギフトカードをプレゼント!

<1回目に2点セットご購入いただく場合>

9,800円×2点=19,600円から1,000円引きのセット割引が適用されます。
お支払額は18,600円となります。

<1回目に1点、2回目に追加で1点ご購入いただく場合>

(9,800円×1点)+(9,800円×1点)=19,600円

ご購入後、1,000円分のギフトカードを送らせていただきます。
お支払額は19,600円となります。

  • ※オーCirhozaドットコムにてご購入いただいたお客様に限ります。
  • ※2回目ご購入時にギフトカードを使用することはできませんのでご了承ください。
  • ※ギフトカードは全国のオーCirhozaでご利用いただけます。
  • ※あとからセット買いキャンペーンは2018年12月31日までに2回目をご購入いただいた方に限ります。
  • ※3回目以降のご購入はあとからセット買いキャンペーンの対象外となります。
  • ※あとからセット買いキャンペーンは1回目に1点、2回目に追加で1点ご購入いただく場合のみ適用されます。
ページトップへ